トゥルーデおばさん

諸星大二郎である。久しぶりの読んだ。やはり、この世界観最高ですね。15年くらいまでは、ほぼ全巻そろえていたんだけど、最近検索してみるとけっこうコミックが発刊されているのをしりまた、収集癖がうずくぜ。
ところで、この作品、グリム童話をモチーフにしたグリムとは、別のお話集ですが、それぞれ、アレンジの方向性が異なり大変楽しめました。諸星作品の中ではソフトですね。それでも、あの絵をみるだけでぞくぞくします。個人的には、タイトルの「トゥルーデおばさん」が昔の雰囲気を多く残しているように思いました。「赤ずきん」もいいけど、「夏の庭と冬の庭」のようなユーモラスな作品も彼の絵であればこそ成り立つ世界のような気がする。